スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠隔手話通訳サービス実証実験!

こんにちは!
お久しぶりです
只今春休み中の早川です。

なんだかんだ色々やっているうちに春休みも約半分が過ぎようとしています・・・><
残り少ない学生生活だから、時間を上手に使いたい!と思う今日この頃です

この度、学生団体リンクサインが所属しているシュアールグループが
2月17日~24日まで、ビデオチャットを介して、聴覚障がい者向けに24時間提供する
遠隔手話通訳サービスの実証実験を行いました。

リンクサインメンバーも
事務のお手伝いとして実証実験をサポートさせていただきました!


手話通訳センターには24時間常時手話通訳士さんが待機し、
いつでも手話通訳の依頼が受けられるような体制でいました。
手話通訳士さんと基本2人でシフトに入り、色々と語っていただきました
本当にみなさん素敵な方でとても勉強にもなりましたし、貴重な時間でした!
現場の声を聞くことって大事ですねっこんな機会めったにない!><

実際、聴覚障がい者の方からきた依頼の具体的な内容としては、
診察、コールセンターへの仲介、飲食店での注文、ちょっとした手続き…etc


ちょっとした場面でのこのようなシステムの必要性を改めて実感しましたね
また、依頼を受けてこういう私たちにとってはちょっとした場面で困っている人が
いるんだということにも気がつきました。
あったらすごく便利!というお言葉もありましたし、私自身そう感じましたが、
やっぱり実証実験を通して見えてきた課題はいっぱいあるようです

“手話通訳をする”っていうことがどういうことなのか、改めて考えてみてほしいと
手話通訳士の方からも言われました。
ただ言語を変換して相手に伝えるのが通訳ではない。手話通訳とは?手話通訳士の役割とは?
今まで人が担ってきたものを機械を介して担うようになるということの意味はなんだろう?
今までこういう問いってあまり深く考えたことがありませんでした。
近々、リンクサイン定例会でのテーマに取り上げるのもありですね

まだまだ考えることはたくさんあって、とっても深いんだなぁということを強く感じました
今回、手話の深さ、手話通訳の深さについてふれることができた期間だったと思います
そしてこれからもっとこの分野に浸かっていくんだろうと思います(笑)

ただ家にいたら確実に干物女になっていたと思いますがww、SFC-IVで残留して
貴重な経験ができました
みなさん、ほんとお疲れさまでした><
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

linksign

Author:linksign
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。